基板

SS用バーチャスティックの改造(旋光の輪舞SP用スティックの作成)

NAOMIが起動するようになってからは専ら旋光の輪舞SPのリハビリがメインになってます。
コントローラーはΣ8000TBを使っていますが、A(ボタン4)ボタンの位置がM(ボタン1)ボタンよりやや右側に配置されていてAボタンを押す親指が少し窮屈でした。
また使わないボタンが多いため誤押しすることも何度かありました。

P1000116

そこで旋光の輪舞SP用のコントローラーを作ってみることにしました。
土台として1台余っていたセガサターン用のバーチャスティックを使うことに決定。

P1000117

写真は改造したものとは別のバーチャスティック。(レバー周りが白いのはセイミツレバーに交換した為)
ボタンはAをL、MをA、SをB、CをC、ODをR、スタートをX、コインをYという配置にすることにして、未使用のZボタンは孔を塞ぐことにしました。

使用した材料を並べてみます。
・SS用バーチャスティック 1台
D-sub15ピンケーブル(オス-オス)  1本
・レバー 三和電子 JLF-TP-8Y 1個
・レバーハーネス 1個
・ボタン 三和電子 OBSF-30 2個
・ボタン 三和電子 OBSF-30RG 3個
・ボタン RAP付属のボタン 2個
・塩ビシート(厚さ0.5mm、30cm×30cm) 1枚
・ユニバーサル基板 ICB-88 1枚
・配線用コード 7色 適当量
・M4のネジとナット 2組

以下の作業は危険を伴うので、保護メガネ、防塵マスク等の保護具が必須です。
まず、バーチャスティックを分解します。
中の基板は使用しないので、ボタンは基板からペンチ等で無理やり剥がします。
レバーを止めているネジは天板に貼ってある厚い紙の下にあるので、紙をカッターやスクレイパー等で紙を削ります。
レバーとボタンを外した後、バーチャスティックのボタンの直径が28mmである為ボタンの孔を30mmの直径になるまでリューターで削ります。
30mmのボタンが嵌まるかを確認しつつ削るのが良い。

次に天板に貼り付けられた紙と接着剤の除去です。
この作業が一番時間が掛かりました。接着剤がなかなか取れない。
今回はカッターを寝かせるようにして削り取りましたが、カッターの刃にかなり負担が掛かり折れそうで危険を感じたのでスクレイパーを買った方が良かったかも。

上の2つの作業ですが、順番を逆にした方が良かったかもしれません。

次に天板に接着剤(今回使ったのはウルトラ多用途SU)を塗り塩ビシートを貼って1日放置。
完全に接着したら天板の形に合わせてデザインナイフで切るそして孔を開ける。
ただしZボタンは使わないので孔を開けないでおく。

次はレバーの固定について
元のレバーが使っていたネジの孔はJLF-TP-8Yでは使えないことが分かったので、一番外側に付いている孔を固定用として使うことにした
まずレバー用の穴にレバーを通し、レバーが中心になるようにして使用する孔にシャープの芯を通して印を付ける。
印を付けた位置にリューターで孔を開ける。
位置のズレが無いようにJLF-TP-8Yを使い確認しつつ孔を広げる。

次に配線関連の作業です。
まず、D-sub15ピンケーブルを適当な長さで切ります。
次に接続部を覆っているカバーをドライバーで外し何番ピンが何色のコードなのかを記録します。
同時に何番ピンがAV6000では何の機能を持っているかを併記します。
例 1番 黒 GND

  15番 青白 上
次に1番から8番までのコードをユニバーサル基板に順番に半田付けします。
次に9番から15番までを1番から8番の3つ下に順番に半田付けします。
ただし、旋光の輪舞SPでは使われていないボタン0とボタン6、そして+5Vは除きます。

次にレバーを固定する方向を決めてから上下左右が何番で何色のコードになっているかを確認し記録します。
例 1番 オレンジ GND
   2番 緑 右 
次にどのボタンに何色のコードを繋ぐかを決めます。
例 4番 オレンジ ボタン4 オレンジ
  5番 黄 ボタン2 黄
次にレバーの上下左右のコードを15ピンの中の該当する番号のすぐ上の位置(9番から15番の場合はすぐ下の位置) に半田付けします。
半田の量を多くして上下の2つが繋がるようにします。
次に先程決めた色のコードを25cm程に切り該当する番号のすぐ上の位置(9番から15番の場合はすぐ下の位置) に半田付けします。
半田の量を多くして上下の2つが繋がるようにします。
GNDの場合は数が多いので上だけではなく横方向にも並ぶようにし全てのGNDが繋がるように半田付けする。
次にボタン用コードの先端のビニールを適当な長さで剥いてファストン端子を圧着する。

該当する色のコードとGNDのコードの2つをそれぞれのボタンに接続して、底板を取り付けて終了。

旋光の輪舞SPを起動してTESTモードに入りGAME TESTモードの中のインプットテストで動作が正常なら完成。

P1000118

P1000119

ボタンの色はSPのインスト内のものに合わせてます。
ODボタンは本来ならCボタンの真下辺りですが、孔を開けるのが面倒だったのと今の位置でも特にデメリットが無いように思えたのでそのままです。
良く使うボタンはOBSF-30RG、普通のボタンはOBSF-30、押す回数が少ないと思われるボタンをRAPに元々付いていたものにしてます。(RAPは三和のボタンに交換してます)

D-sub15ピン(オス)は1つ残っているので、もう一つAV6000用コントローラーが作れます。
Σ8000TBの連射はボリュウム連射なので、シンクロ連射(30連+15連)付きするのがいいかな。
セイミツレバー+セイミツボタンと三和レバー+三和ボタンはあるから、次はセイミツレバー+三和ボタンかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シグマAV6000&8000TB用CBケーブルの半自作

今、基板用に使っているコントロールボックスはシグマ電子のAV6000という電源部とコントローラーが別になっている機種で現行品のAV7000とは1つ前の機種になります。
AV6000はそれまで使用していたComboAVのビデオコンバータが壊れたため購入しました。
専用のコントローラーである8000TBはAV6000購入時に「A(連射無し)+B+A(連射)というボタン配置(Gダライアス仕様)にできますか?」と聞いたところ「出来ません」という回答だった為、購入せずにComboAVを改造してしてきました。
ただコントローラー部がでか過ぎてる上に接続が面倒でGダラ以外のゲームをやるには向いていませんでした。
そんな訳で今年に入ってから8000TBを旋光の輪舞の対戦や2人プレイを考え2台中古で購入しました。
ところがAV6000と8000TBを繋ぐCBケーブルは現行品とは接続部の形状が異なるため現行品は使用できず、その上製造中止になっているため入手困難でした。
1本はAV6000の付属品としてあるのですが、対戦用にはもう1本必要です。
幸いCBケーブルの接続部はD-sub15ピン(ディスプレイ用のミニD-sub15ピンとは違うもの)であるため代用品を探してみました。
探してみるとあっさり見つかり すぐに注文。
届いたものを接続してみると差し込む部分の長さが全然短くAV6000&8000TBの端子部分には届いておらず現状では全く役にたたない。
ただ本体は樹脂製なので周囲の金属パーツを取り除いて削ってやれば何とか使えそうだったので加工してみました。

P1000115

右側が完成品ですが、リューターを使ったので片側15分掛かってません。
リューターで大まかに削った後、やすりで形を整えてます。
AV6000と8000TBに接続してみましたが問題無く操作できました。
ただ配線がむき出しで断線しそうなので何らかの補強をした方が良さそうです。

少し補足すると、接続部は2つの部品で出来ていて写真の真ん中の金属パーツで固定されています。
今回は2つの部品を手で固定して加工してしまいましたが、安全面等の理由から接着してからするべきでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NAOMIを動かそう その4 ようやく

何とか別のGD-ROMドライブを入手したので起動テストを行いました。
接続は以下の通りです。
シグマAV6000→I/Oボード→NAOMI本体→GD-ROMドライブ

スイッチを入れて最初に出たエラーは

ERROR 26
OPTION BOARD MALFUNCTIONING.

原因はソフトに付属しているkeychipをDIMMボードに取り付けていなかった。
取り付けて再起動

ERROR 24
GD-ROM IS NOT FOUND.

GD-ROMを入れてなかった。
GD-ROMを入れて再起動。

メモリチェック等が始まりようやくソフトが起動しそうな予感。
だがしかし、Now Loadingが表示された後に
error
I/O BD is not connected (以下略)

I/Oボードが繋がってない?
I/Oボードに接続しているケーブルを抜いて再接続してもダメ。
AV6000にコントローラを繋げていないせいかとも思ったのだが、それも違っていた。
色々試して最後にAV6000の電源を入れて起動してみると・・・ようやくエラーが消えた。
I/OボードとNAOMIはUSBケーブルで繋がっていたので、そこからI/Oボードに電気が供給されていると思い込んでいたんですが、そんなことは無かったみたいです。(汗)
とりあえずこれで旋光の輪舞SPが起動しました。

次にテストモードに入ってインプットテストを行ったのですが、M,S,Cボタンは入力出来ているのですがA,ODボタンの入力が出来ない。
色々試した結果、AV6000のJAMMAハーネスの4ボタンと5ボタンはJAMMAコネクタには繋がっておらず、キックハーネス側に繋がっていると判明。
キックハーネス側のコードを切断してJAMMAコネクタ側に半田付けして完了。

次に旋光の輪舞SPから旋光の輪舞NewVerに変更してチェックした所、SPとはボタン設定が違うことが判明。
SPではボタン1=M、ボタン2=S、ボタン3=C、ボタン4=A、ボタン5=OD
なのに対しNewVerではボタン1=A、ボタン2=M、ボタン3=Sになってます。
コントローラのボタン配置を変えなきゃならないのがちょっと面倒かも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NAOMIを動かそう その3 NAOMI起動・・・

電源の動作も確認出来て後は繋ぐだけなんですが、その前にもう一つ作業が残ってます。
NAOMIの電気を繋ぐ部分は8極になっていてNAOMIを入手した際にそこに繋ぐコネクタ付きのケーブルも付属していました。
電源に繋ぐコネクタとGD-ROMドライブに繋ぐコネクタも付いていますが、電源に繋ぐコネクタはNAOMIと同じ8極になっていてATX電源のものとはまるで違います。
ネット上を調べるとVLP-08Vという8極のプラグハウジングとBVF-61T-P2.0というソケットコンタクトを使えばコネクタを作ることが出来ることが分かり通販で入手しました。
ATX電源の必要なコードにソケットコンタクトを圧着してプラグハウジングの中に入れて完成。
必要なパーツを繋ぎ合わせて電源ON。
ちなみにNAOMIはD-subRGB15ピンから31khの画像を出力可能なので最近買った液晶モニタに繋ぎました。
初めは真っ黒でしたがしばらくしてNAOMIのロゴが現われ、起動は成功・・・したかに思われたのですが、直後にERROR25 GD-ROMにアクセスできませんというメッセージが表示されてしまいました。
接続しなおしたりしてもダメでした。
電源を入れてもファンは回るがGD-ROMが回転している音はしないので、GD-ROMドライブが壊れていると考えた方が良さそうです。
次のGD-ROMドライブを入手するまでは家で旋光の輪舞SP他はお預けですね。orz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NAOMIを動かそう その2 ATX電源を買ってみたものの・・・

その1ではJVS電源の代わりにATX電源を使うことにしましたが、そもそもJVSって何なんでしょう。
JVSはJAMMA Video Standardの略で新JAMMA規格(JAMMA=Japan Amusement Machinery Manufacturers Association)とも呼ばれるアーケードゲーム等の為の新しい規格です。
電源に関して言えば、今までのJAMMA規格の電源は5Vと12Vの電気の供給が必要でしたがJVS規格では5Vと12Vに加え3.3Vの供給が必要になっています。
ATX電源も3.3V,5V,12Vの供給が出来るためJVS電源の代替が可能になっています。

と言う訳でヨドバシカメラの自作PCのパーツ売り場に行ってきました。
NAOMIを動かすには350Wの電源で十分だという記述があった為、350W以上で安い電源を探した所、420Wの「小錻力(コブリキ)」という電源がヨドバシの売り場では最も安かったため購入しました。
帰って開封した所、・・・あれ?スイッチが無い?
そう小錻力はスイッチが無い電源だったのです。
どうもPCのマザーボード側からON、OFFをコントロールするらしい。
ATX電源のピンアサインを調べた所、緑のコードと黒のコード(GND)をスイッチに接続すればスイッチとしての役割を果たすらしい。
翌日、ホームセンターに行き適当なスイッチを購入し半田ごてを使い緑と黒のコードを接続。
小錻力をコンセントに繋ぎスイッチオン、ファンが回りだしスイッチがスイッチとしての役割を果たしていることを確認。
テスターで電圧を測った所、ピンアサインの通りの電圧である事が確認できました。

その3に続く

<追記>
どうもATX電源はスイッチが付いていたとしてもマザーボードに接続しないと動作しないらしい。
もし小錻力にスイッチが付いていたとしたら、「スイッチ入れたのに動かない、初期不良だ」と判断してしまい正解にたどり着くまで回り道をしてしまったかも知れない。
そう考えると小錻力にスイッチが付いていなかったのはラッキーだったのかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NAOMIを動かそう!その1 何が必要?

1、2年前くらいに旋光の輪舞を家で動かそうと思い立ちセガのアーケード基板NAOMIのパーツを集めていたんですが、手元に基板を動かすコントロールボックスも無かったため集めるだけ集めて放置状態でした。
先月千葉から札幌に基板を動かす環境を持ち込んだため、NAOMIを起動させるべく動き始めました。
NAOMI(旋光の輪舞)を動かすには何が必要なのかというのと現状自分が持っているのかを以下に列挙します。

・JAMMA規格の基板を動かせる環境(コントロールボックス等) 有
・NAOMI本体 有
・JVS(新JAMMA規格)対応 I/Oボード 有
・GD-ROMドライブ 有
・DIMMボード 有
・JVS対応電源 無
・USBケーブル(A-B) 有
・RGBケーブル(D-sub15ピン) 有
・音声ケーブル 有
・JVS対応電源とNAOMIを繋ぐケーブル 有
・GD-ROMドライブとNAOMIを繋ぐケーブル 有
・GD-ROMドライブの電源ケーブル 有
・旋光の輪舞(Old ver) GD-ROM 有
・旋光の輪舞(New ver) GD-ROM 有
・旋光の輪舞SP GD-ROM 有

というわけで唯一持っていないのはJVS対応電源ということがわかりました。
このJVS対応電源、基板屋で新品を買うと2万円以上して手を出し辛い。
ネット上で検索した所、PC用のATX電源で代用出来ることが分かった為、そちらを入手することにしました。
その2に続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)