日記・コラム・つぶやき

デカイ化石がやってきた

土曜の夜、ゆうパックが届けられた。差出人はナゾ(仮称)さんだ。
開けてみるとこんなメッセージと大きい袋が
WARNING!
HUGE BATTLESHIP
DECORATE FOSSIL
IS APPROACHING FAST

Img_0008_2


 


 



 






袋を開けると派手にチョコで飾られたシーラカンスが!                         

Img_0009

長さを測ると

Img_0015

全長24センチの大きさ、これは1度では食べきれない・・・ので
小腹がすいてきていたので、少し食べる。
結局、何度かに分けて食べ最後はバレンタインに食べることにした。
そして先ほど、完食しました。
美味かったのでバレンタイン前に完食しそうになるのを我慢して、
残った頭の部分を最後に残し完食しました。
シーラカンスを作るというのは聞いて知っていましたが、ここまでデカくてチョコで飾られたものとは思っていませんでした。

ところでバレンタインの後には彼女の誕生日があるのですが、それについては彼女の日記に「つづく」ってことで。

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

関東2周目

関東に来て2度目の土曜日。
Heyで少し遊んだ後、高田馬場ミカドに移動。
ミカドのセンコロは他の所と違いCPU戦が1ラウンド先取のデフォルト設定なので久々の公式(?)スコアアタック。
何度かやってると乱入されて対戦の流れに・・・
対戦できたのはミカと櫻子β(!)、特に櫻子βとの対戦が多かった。
札幌では櫻子αとの対戦は何度もあるけど、βとは10回も対戦したことが無かったはず。
その後、札幌に遠征したこともあるグレートドラさんと元札幌勢のあるく@さん他の人達が現われたので対戦してもらいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

書き忘れてましたが

更新が滞ってますが、今、関東地方にきてます。
今回のミッションがどれくらいのボリュームなのかが把握できていないので、いつまでいるかは未定。

関東に来たついでに、ミカドのセンコロ2on2大会に参加してました。
当然の如く負け、相方の忍使いの人は1戦目は勝ったものの次で負けて敗退。
関東大会が終わった直後の大会だったため、もしかしてあんまり人来ないんじゃないかと思っていたんですが、杞憂でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴールデンウィークあたりのこと

センコロ大会の後何があったかのまとめ。
大会の後、某所に向かう。大会の時にDOAスティックを持っていたのは某所で4人対戦をやるためだった。
しかし、某所へは何度も行き過ぎてその日何をやったのか失念。orz


シューティングゲームヒストリカ3が関東で出回っているとの情報を得たため、札幌市内のガチャガチャ巡りに出かける。
ヨドバシ、ビックカメラ、スガイ等見て回ったが発見できず。
ヤフオクをチェックすると2000円程でフルコンプセットがあったので落札。


相方ナゾの女さんが旋光の輪舞に興味を持ったので、基本的なことを教えつつ初心者向きだと思っているチャンポとミカでデモプレイ。
相方はチャンポを選んだ。(チャンポでクリアすることは難しいとは伝えてある。)
CPU対戦モードをアドバイスしつつプレイ。3面で終了。
センコロは覚えることも多いし慣れるまで時間が掛かるのでこんなものだろうと思う。
果たして相方はクリアまでやり続けることができるかな?


ススキノスガイで「空の境界」の6章とRemixが上映していたので見に行った。
Remixは見るかどうか迷ったが評判は悪くないようだったので見ることにした。
6章。冒頭の鮮花にちょっと引いた。ラストは・・・Gガンダム?(笑)
Remix。なかなか上手くまとまっていて好印象。
どちらも面白かった。7章に期待。
帰りに主題歌を担当しているKalafinaのアルバムを購入。絶賛ヘビーローテーション中。
ついでに、らしんばんを覗くとシューティングゲームヒストリカ3のガチャガチャ発見。
こんなところにあったのか。
相方に教えるとやる気満々だったが、色々あって彼女もヤフオクで手に入れることになった。


こんなもんだったかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Ultimate ears super fi.5pro

前回の記事 から何時の間にか1ヶ月近くたってますね。(汗)
前回はせっかくビットレート上げたんだしもっと良いイヤホンが欲しいなぁってとこで終わってましたが、今回はその続き。
今まで使っていたAKGのK324Pはダイナミック型というタイプのイヤホンだったんですが、イヤホンには他にBA型というのがあって高級イヤホンは大体このタイプで以前から興味を持っていました。
BA型のイヤホンを購入するとして、安い下位モデルを買うかそれとも思い切って上級モデルにするか・・・さすがにイヤホンに5,6万出すのはかなり抵抗があったので中間のモデルを狙うことにしました。
それでもやはり高いので何とか安く手に入らないかと、色々調べていく内に海外通販がかなり安いことがわかりました。
で、海外通販で手に入れたのがこの記事のタイトルになっている機種です。(以下5pro)
5proは今まで使っていたK324Pとは音場と解像度の点で圧倒的に上回っていました。
CX300からK324Pに変えた時とは比べ物にならないくらいの変化がありました。
K324Pが通常のステレオだとすると5proはドルビーサラウンドってくらいの衝撃がありました。
でも、これで満足してしまえないのがイヤホン(ヘッドホン)スパイラルなんでしょうね。(汗)

ヘッドホン編、ヘッドホンアンプ編に続く・・・・・・・・のか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

耳の奥からガサガサと

1,2ヶ月ほど前から右耳の奥でガサガサ音が聞こえてくるようになってきました。
以前もこのような症状になった事がありましたが2,3日で治っていたので、今回も特に病院には行かずに放置していました。
ところが今回は聞こえなくなったと思ったら次の日にはまた聞こえてくるというのを繰り返し、いっこうに良くなる気配が無い。
さすがにヤバイと思い始めてネット検索すると、どうやら耳垢が鼓膜に接触しているのが原因らしい。
ネット上の体験談からすると耳鼻科で耳掃除をしてもらえば良いらしく一度の通院で治るっぽい。
という訳で、耳鼻科に行ってきました。
診察してもらうと、やはり耳垢が鼓膜に接触していて装置を使い耳の中を洗浄すれば治るとのこと。
ただし、今回は鼓膜に耳垢がくっ付いているため、このまま装置で洗浄するとかなり痛いらしい。
そこで今回は耳の中に垢を柔らかくする薬を流し込んでから洗浄する事になりました。
朝晩一回ずつ二日間薬を耳の中に流し込まなければならなくなり、一度の通院で終わると思っていた自分としては誤算でした。
耳の中に薬を流すのもあまり気持ちが良いものではなく・・・

下準備を済ませて2度目の病院にいくと、耳穴洗浄装置がどんな物か判らないまま耳に装置を突っ込まれ・・・☆*※〇#★@???!!!
洗浄装置の正体は耳穴にジェット(?)水流を流し込むものでした。
痛くは無かったですが、かなりビビリました。
二度ほど洗浄したあとに聴力検査をして終了でした。
耳垢が溜まっていった原因ですが、綿棒を使い耳掃除をすると耳垢をかき出すつもりが奥のほうに追いやってしまうことが良くあるということでした。
加えて自分の場合、横になってTVを見ながら(耳を上に向けた状態)耳掃除ということがよくあるため、耳垢が鼓膜の方まで落ちやすかったのかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビットレートを上げてみた

今までDAP(SONY NW-A608他)に曲を転送する時にビットレートをいくつにしていたかというと、質より量重視で64kbpsにしてました。とにかく好きな曲を出来るだけ詰め込んで聴ければ良いという感じ。
でも昨年末にイヤホンをCX300からK324Pに変えた辺りから徐々に意識が変わってきました。
ネットで調べると、良い音を聴くには最低192kbsだとか256kbpsだといったものがあり、64kbpsというのはかなり低いことがわかりました。
試しにビットレートを132kbpsで取り込み64kbpsのものと聴き比べてみると明らかに違う。
132kbpsで取り込んだものを聴いた後に64kpsのファイルを聴くと音がこもったようなピンボケのような感じがする。
こうなってくると好きな曲は高いビットレートで聴きたくなってくるわけですが、DAPの残り容量はほとんど無い状態でした。
そんな時にビックカメラ内のソフマップを覗くと、16GBのDAP(SONY NW-S739F)が中古でかなり安くなっていた為、即購入しました。
容量が増えたので、後はどのファイル形式で、どの位のビットレートで取り込むか、なんですが、この記事 を参考にAAC192kbps決定しました。
AAC192kbpsで取り込み直した曲を聴いている内に一つ問題に気付きました。
NW-739FはAACファイルのギャップレス再生に対応していない!
ギャップレス再生というのは、曲と曲の間に無音時間を入れずに再生すること。
例えばライブアルバムで一曲目と二曲目が拍手で繋がっているような場合、ギャップレス再生に対応していないと拍手の途中に音が途切れてしまう。
調べてみるとATRAC形式ならギャップレス再生に対応しているようなので、ライブアルバムはATRAC形式で取り込むことにしました。(ビットレートは256kbps)

NW-S739Fは現行機ですが、それ以前の機種(持っている旧機種の中で最も新しいのはNW-E016)と比べ改善されている点がありました。
感度の良いイヤホンで旧機種を聴くと無音部分でサーというホワイトノイズが聴こえていたのですが、NW-S739Fでは全く聴こえません。
技術は進歩しているんだなぁ、と思ったり。

ビットレートを上げて音質を向上させると、やっぱり良いイヤホンが欲しくなるなぁって話は次回以降の記事で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

書き忘れ色々

Dai20090310まずは怒首領蜂大復活。
スコアが174億まで伸びた。
100億以上出せる率は前より上がってる・・・かな。
でも2周クリア出来る気配は全く無し。
大体は2-5のビット地帯で終了。
一度だけ2-5ボスまで進められたけど、それっきり。



W20090314 バレンタインデーにもらったお返しを、と考えたらゴディバしか思いつかないのは自分がセンコロ勢だから。(笑)
ゴディバは自分が使っている櫻子、とツィーラン、チャンポが所属する会社の名前。
綴りはお菓子メーカーのGODIVAに対してGODDIVERだったりします。
旋光の輪舞に出てくる名前の中にはゴディバの製品に由来するものが幾つかあり、ツィーランの乗機オランジェットもその一つ。
写真はオランジェット(Orangette)の由来と思われるオランジェ(Orangettes)。
何となくイモ虫っぽく見えますが(汗)、オレンジの皮をチョコレートでコートしたもの。
それって美味いのか?と前々から気になっていたためホワイトデーのついでに購入。
食べてみるとこれが美味い。クセになる味。
一緒に食べた相方の評価も良かったですよ。
ただこれ高いんですよね。一箱2100円。


Gino20090318 最後にシューティングラブ。2007技能検定スコアアタック。
45万まで出せました。
手連射ではつらくなってきたので連射装置使ってます。(手連射でのベストは42万)
1面は8ビットでレベル99、15万、ナイスボムはパート1,2合わせて7ナイス、弾弾弾はレベル60位、球避けはレベル99、隕石はレベル99、空き缶は25個くらいだったかな。その他は忘れた。
単体でのベストは1面戦車Aで19万弱、弾弾弾はレベル90、空き缶で40~50個なので繋がれば50万以上でる・・・のか・・・
繋がんないだろうなぁ。

ちなみにGAME41の連射装置はB,Cボタンに付いてます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャッツアイ麻生店オープン

3月12日にキャッツアイ麻生店が旧MAXIM麻生店跡地にオープンしたので行ってきました。
オープン初日だけあって賑わってました。
人が多かったからそう感じたのかもしれませんが、MAXIM麻生と比べてゲーム筐体の数が多いような気がしました。
気になるシューティングゲームのラインナップは、怒首領蜂大復活、雷電IV、デススマイルズ、オトメディウスの4種ですが大復活は「調整中」になってました。プレイ料金は50円1クレ。
クイズマジックアカデミーは5で50円1クレでしたが、筐体にわざわざ「半額」と書かれていたので6に変わったら100円1クレになるんでしょうね。
QMAにはイヤホンジャックが付けられていて手持ちのイヤホンを繋げられるようになってました。

GAME41には無いオトメディウスとQMAが稼動しているのはありがたいです。
特にQMAはMAXIM麻生店が閉店後プレイ頻度が大幅に下がっていたので、今後はプレイする機会が増えるかも。


※追記
調整中だった怒首領蜂大復活ですが、今日確認したところ怒首領蜂大往生に変わって稼動してました。(インストカードは大復活のまま)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

帰ってきたCX300

今日ヨドバシカメラから、修理に出していたゼンハイザーCX300が交換という形で帰ってきたと連絡がありました。
修理費は掛かりませんとのことなので、無償交換になったようです。
保証書には「消耗品(イヤーパッド/ヘッドクッション/ケーブル)は保証対象外です。」とあったので、ケーブルの断線は保証されないのではないかと不安だったのですが、ちゃんと保証されたようです。
交換されたCX300ですが以前のものと若干違ってました。
どうもマイナーチェンジされたものに代わったらしく、プラグの大きさが小さくなっていてケーブルの質感も変わってました。
ケーブルは前より光沢があり弾力も増したようで以前より絡まりにくくなった印象。

エージングを済ませた後、AKG K324Pと聴き比べてみた所、K324Pを買った直後に感じた差が前ほど感じられない。
確かにK324Pの方が音の広がりとか解像度の点で良いと感じられる。
でも、以前感じたほどの差ではないような気がする。

気になったので調べてみると、てっきりケーブルが変更になっただけのマイナーチェンジだと思っていたんですが、音質の改良もされているということがわかりました。
それが本当なら聴き比べた結果が上で書いたようになったのも納得ですね。
CX300のマイナーチェンジの後にCX300IIという後継機が発売になっているんですが、この二つは音質的に同じと考えていいんだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)