« Ver.200稼動 その2 (マキシム大会+CPUデフォ他) | トップページ | 第4回 旋光の輪舞DUO 大会@GAME41 »

動画 3/6の解説

ペルナ戦
開幕はマインで捕まえて主導権を握りたい所、今回は1ラウンド目で成功。
後は立ちC+立ちMでチャージゲージを増加させて、ななめ前から立ちMでバリア中のCPUを攻撃しチャージゲージを減らすパターン通りのプレイ。
29秒辺りでダウンしたので爆撃でNBOSSを発動。
2ラウンド目、1分23秒辺りでCPUがゲージが少ないのにコンソナンスを設置してオーバーヒートになる。
コンソナンスを出来るだけ速く破壊しペルナのななめ前からMを撃ちバリアを張らせオーバーヒート状態を維持させHIT数を稼ぐ。
1分55秒辺りでマインで捕まえている状態でMを撃ち込んでしまったためオーバーヒート終了。
2分21秒辺り、ボム(S+C)の前に←→を入力していたらしくボムとサジタリウス2が同時に出たの図。

ユルシュル戦
ペルナ同様、開幕はマインで捕まえて主導権を握りたい所。
1回目のマインでは捕まえられなかったが2回目で捕まえ立ちMで攻撃した所ちょうど良いゲージ量でダウンしたので爆撃でBOSS発動。
3分26秒~、NBOSSを撃破後CPU側がオーバーヒートしたのでバリア状態を維持させ立ちMをかすらせHIT数を稼ぐ。
4分前辺りでバニッシュさせないとヤバいことに気付き攻撃パターンの変更。
4分17秒、FBOSSを発動させるためアウトバーストを出すが、アウトバーストの弾に当たりCPU側死亡。
2ラウンド目
5分26秒からステージクリア
ユルシュルFBOSSを確実に撃破するためバリア中のCPUに立ちMを撃ちゲージを1未満にする。
FBOSSは弱点方向に少しづつ移動しながら開幕アウトバースト即エクスプロージョン即立ちM連射。
ユルシュルβのFBOSSは1ゲージ以下なら上の方法で移動前に倒せます。

|

« Ver.200稼動 その2 (マキシム大会+CPUデフォ他) | トップページ | 第4回 旋光の輪舞DUO 大会@GAME41 »

旋光の輪舞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 動画 3/6の解説:

« Ver.200稼動 その2 (マキシム大会+CPUデフォ他) | トップページ | 第4回 旋光の輪舞DUO 大会@GAME41 »