« LAST STAGE HOPE 後篇 | トップページ | 自己ベスト更新 »

中の人にマインを

はじめに言っておきますが、動画の中の人にマインを重ねるパターンは
他人のプレイを参考にしてます。逆にそれ以外は自作のパターンです。

中の他人にマインを重ねるというアイディアは私にもありましたが
それはDマインで突っ込んで重ねるとか距離を調整してスコマインを重ねるといった
タイミングがシビアで成功率が低い上HIT効率が悪いものだったり、
重ねる毎にスコルピオを使わなければならないものでした。

初めて動画のパターンを見たときの衝撃はかなりのものでした。
どうなっているのか分からない、どうやっているかも分からない。
その時のプレイではマインだけでダメージを与えていたため、
かなり時間が掛かっていてスコアタには有効ではないのでは?という疑問と
Aカトだったこともあり、Dマインを重ねているのでは?という疑問があり
Bカトのスコアタには使えないと思い込んでました。

数ヵ月後、別の人がAカトで同じことをやってました。
(Aカトではメジャーなパターンなんでしょうか?)
この時は前回より冷静に観察できたので、
Dマインを重ねている訳ではないということが確認できました。
これはBカトでも出来るんじゃないか?
それとマインだけでダメージ与えていたけど、Mを追加すれば速く終わるのでは?
ということで真似してみたところ、目からウロコが落ちました。
マインって自機の後方から発射されていたのか、と。
どうやっていたのか始めは分からなかったのですが、
試行錯誤の結果、中の人と背中合わせの時にマインを発射すればいいことが判明しました。

やり方は分かったものの重ね続けようとすると大きな問題が発生しました。
たまに弾幕が漏れてきてアーマーを2、3割持っていかれるんです。
とりあえず、マインを重ねるタイミングを一定にしたりして試してみましたが
やはり特定のタイミングで弾幕が漏れる。
これは後で分かったことですが、
Bカトの場合中の人にマインを重ねるとSリロード完了前にマインが消える、
一方、AカトはSリロード完了とほぼ同時にマインが消えます。
つまり、このパターンはAカトよりBカトの方がリスクが大きい。

いろいろ試行錯誤しましたが、省略して現行のパターンを紹介します。

中の人戦開始直後に少し左上に移動しスコルピオ発射、
中の人の左下にダッシュし少し間を置いてスコルピオを発射し中の人の背後に回りマイン4発。
このときにタイミングの目安にするのは、スコルピオやマインが弾幕を消した時に表示されるエフェクトです。
動画ではつぶれてほとんど見えませんが・・・。
2回目の弾幕が消えるエフェクト後に背後に回りスタートします。
あとは、前に回りMを1セット当て背後に回りSリロード完了後即マインを重ねます。
これを繰り返しますが、これを続けると550から600HITの時にマインを重ねようとするとかなりの高確率で弾幕がもれます。
ここで弾幕が漏れるのを防ぐため1つ前のマインを重ねる時にタイミングをずらします。
大体500HITくらいでマインを重ねるときに、1234とSボタンを押すのではなく12、、34や
123、、4のように1,2拍くらい間を開けマインを重ねます。
あとは650から700HITの間にマインを重ねるのを最後にしてMで第二段階に移行させます。
ゲージMAXでスタートした場合、終了時にはゲージMAXに戻っているはず。

|

« LAST STAGE HOPE 後篇 | トップページ | 自己ベスト更新 »

旋光の輪舞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中の人にマインを:

« LAST STAGE HOPE 後篇 | トップページ | 自己ベスト更新 »